そもそも家庭用脱毛器はどうなの?

今非常に多くの家庭用脱毛器が増えてきました。
大手メーカーが出しているような安くてあまり脱毛できないものから、
多様値は張りますが、脱毛エステ並み、もしくはそれ以上に綺麗に脱毛できるものなど
色々です。

脱毛エステを宣伝している方は、脱毛エステに行ってほしいので、
家庭用脱毛器はあまり綺麗に脱毛できないと言っていますが、
それは一昔前で、良いものならかなり綺麗に脱毛できる家庭用脱毛器も増えています。

そもそも、脱毛エステというのは、
家庭用脱毛器みたいなら脱毛器を使い、
他人にお金を貰って脱毛してあげているだけのこと。
個人的には、脱毛エステに行くくらいなら、
良い家庭用脱毛器を購入して自分で脱毛したほうが良いと思います。

しかし、それでも家庭用脱毛器は家庭用脱毛器。
やはり脱毛クリニックや皮膚科の医療脱毛には及びません。

本気で脱毛を考えるなら、
家庭用脱毛器ではなく医療脱毛をするべきです。

最近の医療脱毛は費用が下がってきていますし、
なによりも唯一永久脱毛できるのが、医療脱毛です。

家庭用脱毛器と脱毛サロンどっちが良いの?

家庭用脱毛器と脱毛サロンどっちが良いのと聞かれれば、
多くの方は脱毛エステと答えるでしょう。

しかし、それは間違い。

私なら家庭用脱毛器を選びます。

そもそも多くの方は脱毛サロンを誤解しています、
脱毛サロンで綺麗に脱毛できるなら、
医療脱毛はいりませんし、脱毛に関しての法律も出来ません。

皆さんが想像している脱毛というのは、
脱毛クリニックのように医者がいるところでしか脱毛できないのです。

まずはその前提を理解する必要があります。

多くの方はご存知ありませんが、
脱毛サロンで使われている脱毛器は家電という扱いで、
誰でも取り扱いできます。
何故なら危険性が少ないからです。
つまり、お肌に影響が少ないので、
綺麗に脱毛できないということも出来ます。

対して医療脱毛は医師免許を持っているもの、
もしかくは医師の管理下の下でしか医療脱毛器は使えません。

この理由は明確で、医療脱毛器はパワーがありますから、
その分永久脱毛できますが、お肌への危険性があるということです。

何が言いたいのかというと、脱毛サロンも家庭用脱毛器はそれほど変わりなく、
だったら自分で脱毛したほうが自分のペースで脱毛器、
費用も抑えられます。

もちろん、家庭用脱毛器といってもぴんきりですから、
多少価格は高くなりますが、良いものを購入しなければいけませんが。

それでも長い目で見れば、家庭用脱毛器の方が安くなります。

脱毛器を購入して脱毛するべき

脱毛器

夏に向けて女子が最もやらなければいけないのが、
脱毛ではないでしょうか?

水着になった時、薄着になった時、
女子に毛が生えていたらそれだけでアウト。
百年の恋も冷めてしまいます。

ですから、脱毛はできるだけ早く始めてください。

そこで、ポイントなるのがVライン。
いわゆるビキニラインです。

多分、夏になると脇、脚、腕などには
気をつけると思いますが、
vラインは見落としがちです。

万が一、水着になる時はみ毛になっていれば、
彼氏にボウボウだといわれていれば、
もうその事は消えることはありません。
一生そういう女子だと思われて生きていかなければいけません。

もちろん、他のパーツの脱毛も絶対に必要ですが、
それ以上にⅤラインの脱毛も意識して下さい。

次にどのように脱毛するかですが、
出来るならクリニックで脱毛をするべきです。
費用は多少高くなりますが、確実に脱毛できますし、
最も綺麗になります。

一番だめなのがエステです。

エステの脱毛器はクリニック比べ、
脱毛力が全然なく、2、3ヶ月に一度くらいの脱毛ですから、
とてもじゃありませんが、1年や2年で脱毛は終わりません。

多くのサイトは、高い広告料目的で、
あたかも脱毛エステが良いと言っていますが、
はっきりいってヤラセと同じ。
脱毛エステが良いといっているサイトを信用しないで下さい。

じゃあ、クリニックになければどうするのかということですが、
脱毛器を購入して、自分で脱毛するのです。

自分で脱毛すれば恥ずかしさもありませんし、
自分のペースで脱毛できますので、半年くらい頑張れば
そこそこ綺麗になります。

但し、しっかりと脱毛できる脱毛器を高いので、
初期投資が必要になります。

一番有名な脱毛器のケノンは7万円くらいします。

しかし、一台購入すれば何度でも脱毛できますし、
明らかにエステより安く綺麗に脱毛出来ます。

ですから、クリニックが近くになくて行けなかったり、
価格的に厳しかったりすれば、
脱毛器を購入してⅤラインはもちろん、全身脱毛して下さい。

家庭用脱毛器の選び方

先ほどお話したように家庭用脱毛器を選ぶなら
今はケノンが最もベストな選択でしょう。

もちろん他にも家庭用脱毛器は沢山ありますが、
性能は現状ではケノンでしょう。

それではケノン以外を選ぶに当たり、
どのような点に気を付けて選ぶのか紹介します。

■1ショットコストが安い
■本体価格が高い(本体価格が安いのはランニングコストが高く結果的に高くなり、
性能も悪いので脱毛効果が弱い)
■全身に使える
などです。
<出典>家庭用脱毛器の人気ランキング!どの脱毛器の効果が高いの

ポイントは家庭用脱毛器は長く使うものですから、
ランニングコストが安く、性能が良い脱毛器が必要ですので、
ある程度本体価格も高くなければいけません。

逆に本体価格が安く、1ショットコストが高い脱毛器は、
ランニングコストが高くなり、性能も悪いので全然綺麗に脱毛出来なく
カートリッジ代ばかりかかってしまいます。

家庭用脱毛器は1ショットコストが安い事です。
つまり、1つのカートリッジで沢山照射できる脱毛器という事です。