医療脱毛は照射時間はサロンより短い??

医療脱毛プランを契約する前に、
カウンセリングタイムで気になることは全部聞いておきましょう。

例えば、レーザーの照射時間の長さが気になる方も多いようです。
サロンのフラッシュ方式よりも痛いと言われるレーザーは、
どれぐらい当てられるのでしょうか。

照射時間はあてるパーツ、毛の質や量によっても違いますが、
基本的に脱毛サロンのフラッシュ方式と同じぐらいの長さです。
医療脱毛だから特別短い、ということはありません。

普段忙しく暮らしている方は少しでも時間が短い方が
良いと考えるかもしれませんが、
実際の施術ではあてる部位によって患者側と施術者側が痛みの強さを確認しながら、
細かく出力を調節します。

前回のデータも参考にしながら出力を決めていきますが、
同じ部位でもその日の体調によって痛みの感じやすさは異なりますから、
耐えられない痛みかどうか確認する作業は疎かにすることはできません。

従って、全身脱毛ともなると1回の施術で4時間から5時間かかることも。

クリニックによっては上半身と下半身で
2回に分けて施術する仕組みを採用しているところもあります。

あまりにも長時間に及ぶと施術する方も大変ですが、
施術を受ける方も一苦労ですよね。

もちろん、部分脱毛の場合、両脇のように範囲が狭い部位なら
1回15分程度で終わるので、
このあたりの時間配分もカウンセリング時点で確かめておきましょう。

いずれにしても、速さだけを売りにするようなクリニックは怪しいので、
時間はかかっても1回1回丁寧に
対応してくれるような優良クリニックを選びましょう。

誤解されている医療脱毛! 連続で通えば早く完了できる??

医療脱毛に関して誤解されていることもたくさんありますが、
「連続で通えば早く完了することができる」というのも間違った情報です。

「夏までに間に合わせたい!! 」などと焦っている方は
一旦冷静になって医療脱毛のメカニズムを学びましょう。

医療レーザー脱毛は、毛根から毛が生えないようにする為に、
繰り返し特殊光線を照射して熱を与え、毛母細胞を破壊する仕組みです。

医療脱毛に使われる機種はサロンのフラッシュ方式とは
比べものにならない程脱毛威力が高いものの、
たった1回レーザーを当てたぐらいでは即無毛状態になるわけではありません。

皮膚や他の組織にダメージを与えないよう、
最新の注意を払って出力を調整し、複数回に分けて施術を
繰り返すことで体毛の再生率をどんどん落としていくことを狙います。

最終的に再生率が20%を切れば“永久”脱毛だと認められますが、
このレベルまで仕上げるのに少なくても5回は施術を繰り返さなければなりません。

また、施術は体毛が生えるサイクルを見極めた上で
体毛の成長期を狙い2ヶ月から3ヶ月に1度のペースで行う為、
1ヶ月に2回連続・・・など立て続けに施術しても意味がありません。

意味がないどころか、肌に強い負担をかけてしまうことになるので
必ず決められた2~3ヶ月は皮膚を休め、体毛の退行期と休止期をやり過ごしましょう。

医療レーザーは成長期真っ最中の体毛にしか反応しない、
という仕組みを理解していないと、予約の入れ方も間違ってしまう恐れがあります。

除毛クリームでムダ毛処理しても良いの?

ムダ毛処理のもう一つの方法として、
除毛クリームがあります。
除毛クリームは、どうなのという声もあります。

まずその答えを言うと、たまに使うなら、
除毛クリームは良いですし、頻繁に使うなら、
お勧め出来ないと言う事です。

良い除毛クリームを使えば、
驚くほど綺麗にムダ毛がなくなりますが、
その分お肌への刺激も強いのです。

というのも、除毛クリームは、
アルカリ性の成分で毛を溶かすのですが、
それはお肌も溶かすことに繋がります。
ですから、除毛クリームを使うと、
お肌がかぶれる方もいます。

除毛クリームに関してさらに詳しく知りたければ、
除毛クリームを
ご覧下さい。

除毛クリームの使い方としては、
完璧にお肌をツルツルにした特別な日に
使うのが良いと思います。

お肌の状態によって異なりますが、
1ヶ月に1回も使えば十分です。
それ以上になればお肌がかぶれる可能性があるので、
使用する際は回数を意識して使って下さい。

また、除毛クリームを使った後は、
ボディクリームでスキンケアをすることも大切です。

ここをしっかりと行なえば、
お肌への負担をかなり減らせます。

それでは抑毛剤でも自己処理できるの?

脱毛でもなく、ムダ毛を剃るのではなく、抑毛という考えもあります。
つまり、毛を生える量を抑えるということです。

具体的には抑毛剤というローションやジェルがあり、
それをお肌に塗るだけで、生えてくる毛を押さえる事ができます。

豆乳ローションというものが、自分で作れると一時はやりましたが、
これはまさしく抑毛剤の一種です。
また、抑毛剤は、お肌に優しくお肌が弱く敏感肌の方にも
良いというメリットもあります。

しかし、弱点もあり、
それは効果には個人差があるということです。

物凄く効果のある方もいれば、まったく効果のない方もいます。

抑毛剤はあくまでも化粧品で、薬ではないので、
絶対に効果があるとはいえません。

また、使う事を止めれば、また元に戻る事もあります。

しかし、お肌が敏感でカミソリや電気シェーバーを使えない方は、
抑毛剤を試しても良いとおもいます。
意外と効果が出る方も多いと思います。

そもそも家庭用脱毛器はどうなの?

今非常に多くの家庭用脱毛器が増えてきました。
大手メーカーが出しているような安くてあまり脱毛できないものから、
多様値は張りますが、脱毛エステ並み、もしくはそれ以上に綺麗に脱毛できるものなど
色々です。

脱毛エステを宣伝している方は、脱毛エステに行ってほしいので、
家庭用脱毛器はあまり綺麗に脱毛できないと言っていますが、
それは一昔前で、良いものならかなり綺麗に脱毛できる家庭用脱毛器も増えています。

そもそも、脱毛エステというのは、
家庭用脱毛器みたいなら脱毛器を使い、
他人にお金を貰って脱毛してあげているだけのこと。
個人的には、脱毛エステに行くくらいなら、
良い家庭用脱毛器を購入して自分で脱毛したほうが良いと思います。

しかし、それでも家庭用脱毛器は家庭用脱毛器。
やはり脱毛クリニックや皮膚科の医療脱毛には及びません。

本気で脱毛を考えるなら、
家庭用脱毛器ではなく医療脱毛をするべきです。

最近の医療脱毛は費用が下がってきていますし、
なによりも唯一永久脱毛できるのが、医療脱毛です。

家庭用脱毛器と脱毛サロンどっちが良いの?

家庭用脱毛器と脱毛サロンどっちが良いのと聞かれれば、
多くの方は脱毛エステと答えるでしょう。

しかし、それは間違い。

私なら家庭用脱毛器を選びます。

そもそも多くの方は脱毛サロンを誤解しています、
脱毛サロンで綺麗に脱毛できるなら、
医療脱毛はいりませんし、脱毛に関しての法律も出来ません。

皆さんが想像している脱毛というのは、
脱毛クリニックのように医者がいるところでしか脱毛できないのです。

まずはその前提を理解する必要があります。

多くの方はご存知ありませんが、
脱毛サロンで使われている脱毛器は家電という扱いで、
誰でも取り扱いできます。
何故なら危険性が少ないからです。
つまり、お肌に影響が少ないので、
綺麗に脱毛できないということも出来ます。

対して医療脱毛は医師免許を持っているもの、
もしかくは医師の管理下の下でしか医療脱毛器は使えません。

この理由は明確で、医療脱毛器はパワーがありますから、
その分永久脱毛できますが、お肌への危険性があるということです。

何が言いたいのかというと、脱毛サロンも家庭用脱毛器はそれほど変わりなく、
だったら自分で脱毛したほうが自分のペースで脱毛器、
費用も抑えられます。

もちろん、家庭用脱毛器といってもぴんきりですから、
多少価格は高くなりますが、良いものを購入しなければいけませんが。

それでも長い目で見れば、家庭用脱毛器の方が安くなります。

脱毛サロンの現状について

管理人の知り合いの方で、
ある大手の脱毛サロンに言った事がある方がいます。
(私も言った事がはありますが)

その方は大手の脱毛サロンで施術したそうなのですが、
契約する際は物凄く対応がよく、好印象だったそうです。

しかし、何回が通っていると全然脱毛ができず
スタッフの方に相談してもまだ回数が足りないので、
もっと脱毛するべきだといわれたそうです。
すでに6回も通ってまったく脱毛効果がなかったらしいです。

また、予約を取ろうと思って、
相手から指定された日の都合が悪かったら、
4ヶ月先になることはざらにあるらしいです。

私はその彼女とは違いますが、別のところで脱毛したところ、
大体同じような体験でした。

その彼女は結局途中で行かなくなり、
脱毛クリニックにいきました。

ですから、こうした現実もあるので、
皆さんも脱毛サロンに行く際は慎重になって下さい。

あまり脱毛サロンで、脱毛に関して過度な期待をしてはいけません。

脱毛サロンで何処まで綺麗になれるの?

脱毛といえば脱毛サロンというくらい
脱毛サロンへの脱毛は定番になっております。

でもその一方で、脱毛サロンに悪い評判もあることが確か。
「何回通っても全然脱毛できない」「予約が全然取れない」
など言われる事も多々あります。
もちろん、全ての脱毛サロンがそうではありませんが、
良い評判が聞かないことも事実です。

それは何故でしょうか?

理由は色々ありますが、
そもそも脱毛はサロンではなく、クリニックで行なう事だからです。

脱毛というのは厳密に医師法という法律があり、
医師免許を持った医者が従事するという決まりがあります。
つまり、クリニックや病院でなくては本来脱毛は出来ないのです。

脱毛サロンで行なっているのは、
正確には脱毛ではなく減耗です。
つまり、毛を生えなくするのではなく、生える毛の量を減らすのです。

では何故これだけ多くの方が
脱毛というのは、脱毛サロンとなったのでしょうか。

それは脱毛サロンは沢山の広告費を使い宣伝するので、
多くのサイトは良いことばかり言っているので、
脱毛サロンは良いと感じるのです。

お手軽な脱毛サロン

脱毛サロンは昔と違い全国にたくさん増えました。それだけ需要があるという事です。
たくさん増えてくれたおかげで価格もお手軽なものが増えてきました。
海外旅行に行くとだいたいサロンという感じがします。
国内の旅館やホテルでも宿泊施設に併設しているところもあります。
結婚式の前にサロンでうけるブライダルエステも定着してきました。

以上の点から日常生活にかなり浸透してきた印象があります。
旅行やブライダルなど特別な時に利用することが多いように思います。

プチ贅沢や自分へのご褒美にエステを利用するようです。
少し前ならサロンというと全身をマッサージして細くするというイメージでした。

今ではお肌のお手入れや脱毛など多彩なメニューから自分にあったものを選べるようになりました。
部分的なサロンもうけられるようにもなってきました。

部分的で代表的なのがフェイシャルエステだと思います。
フェイシャルエステは1回の施術でも効果が実感できますのでおすすめです。
各エステサロンが割引をしていたり初回低価格でためせるようなプランを用意していますので
ひととおりためしてから自分にあったサロンを選べばいいと思います。

サロンは女性だけに限らず男性も受けられるようになりました。
それだけ男性も女性も外見を気にするようになってきたんだと思います。
メンズエステを受ける方はひげの脱毛やニキビケアが多いようです。
また、現在需要が高まっている脱毛ですが、脱毛専門のエステサロンもあり、多くの方が利用しております。

脱毛サロンの選び方

脱毛サロンを選ぶというときには、様々な観点から探していくことができるようにすると、
早合点をしないで済むので効果的であるといえます。

基本的にいくつかの観点がありますが、施術内容や料金などはまずチェックするべき項目ですが、
同様にどのくらいの時間がかかるのかということや、交通の便なども考察するべきものであるといえます。

実際に脱毛サロンを利用するというときには、何度か通うというようなことが基本となりますから、
快適に過ごすことができるのかということや、
気軽に通える場所にあるのかというようなことは見落としがちですが
重要な要素であるということができるのです。

サービスや応対なども座ったり寝た状態で施術を受けるというとき、
良い状態でいられるようにするために必要な要素ですから、よく観察をすることが大切です。

普通に説明を読んだりウェブサイトなどを見るだけでは判断することが難しい部分なので、
無料体験やお試し価格の施術を利用してみるようにすると有効です。

それから行っていくことを簡潔にまとめたものになるということが多いですし、
その時に設備の雰囲気やスタッフの応対などについても印象を推し量ることができます。

エステサロンで即時契約を迫られてしまうのか、一度熟考する時間を設けてからと勧められるのか
というような態度だけでも印象が大きく異なります。

希望する施術内容が効果のあるものなのかという判断をするためにも役立ちます。

どちらにせよ、まずは何故エステに行きたいのか、目的をしっかりと持つ事が重要です。

脱毛器を購入して脱毛するべき

脱毛器

夏に向けて女子が最もやらなければいけないのが、
脱毛ではないでしょうか?

水着になった時、薄着になった時、
女子に毛が生えていたらそれだけでアウト。
百年の恋も冷めてしまいます。

ですから、脱毛はできるだけ早く始めてください。

そこで、ポイントなるのがVライン。
いわゆるビキニラインです。

多分、夏になると脇、脚、腕などには
気をつけると思いますが、
vラインは見落としがちです。

万が一、水着になる時はみ毛になっていれば、
彼氏にボウボウだといわれていれば、
もうその事は消えることはありません。
一生そういう女子だと思われて生きていかなければいけません。

もちろん、他のパーツの脱毛も絶対に必要ですが、
それ以上にⅤラインの脱毛も意識して下さい。

次にどのように脱毛するかですが、
出来るならクリニックで脱毛をするべきです。
費用は多少高くなりますが、確実に脱毛できますし、
最も綺麗になります。

一番だめなのがエステです。

エステの脱毛器はクリニック比べ、
脱毛力が全然なく、2、3ヶ月に一度くらいの脱毛ですから、
とてもじゃありませんが、1年や2年で脱毛は終わりません。

多くのサイトは、高い広告料目的で、
あたかも脱毛エステが良いと言っていますが、
はっきりいってヤラセと同じ。
脱毛エステが良いといっているサイトを信用しないで下さい。

じゃあ、クリニックになければどうするのかということですが、
脱毛器を購入して、自分で脱毛するのです。

自分で脱毛すれば恥ずかしさもありませんし、
自分のペースで脱毛できますので、半年くらい頑張れば
そこそこ綺麗になります。

但し、しっかりと脱毛できる脱毛器を高いので、
初期投資が必要になります。

一番有名な脱毛器のケノンは7万円くらいします。

しかし、一台購入すれば何度でも脱毛できますし、
明らかにエステより安く綺麗に脱毛出来ます。

ですから、クリニックが近くになくて行けなかったり、
価格的に厳しかったりすれば、
脱毛器を購入してⅤラインはもちろん、全身脱毛して下さい。

家庭用脱毛器の選び方

先ほどお話したように家庭用脱毛器を選ぶなら
今はケノンが最もベストな選択でしょう。

もちろん他にも家庭用脱毛器は沢山ありますが、
性能は現状ではケノンでしょう。

それではケノン以外を選ぶに当たり、
どのような点に気を付けて選ぶのか紹介します。

■1ショットコストが安い
■本体価格が高い(本体価格が安いのはランニングコストが高く結果的に高くなり、
性能も悪いので脱毛効果が弱い)
■全身に使える
などです。
<出典>家庭用脱毛器の人気ランキング!どの脱毛器の効果が高いの

ポイントは家庭用脱毛器は長く使うものですから、
ランニングコストが安く、性能が良い脱毛器が必要ですので、
ある程度本体価格も高くなければいけません。

逆に本体価格が安く、1ショットコストが高い脱毛器は、
ランニングコストが高くなり、性能も悪いので全然綺麗に脱毛出来なく
カートリッジ代ばかりかかってしまいます。

家庭用脱毛器は1ショットコストが安い事です。
つまり、1つのカートリッジで沢山照射できる脱毛器という事です。