脱毛器を購入して脱毛するべき

脱毛器

夏に向けて女子が最もやらなければいけないのが、
脱毛ではないでしょうか?

水着になった時、薄着になった時、
女子に毛が生えていたらそれだけでアウト。
百年の恋も冷めてしまいます。

ですから、脱毛はできるだけ早く始めてください。

そこで、ポイントなるのがVライン。
いわゆるビキニラインです。

多分、夏になると脇、脚、腕などには
気をつけると思いますが、
vラインは見落としがちです。

万が一、水着になる時はみ毛になっていれば、
彼氏にボウボウだといわれていれば、
もうその事は消えることはありません。
一生そういう女子だと思われて生きていかなければいけません。

もちろん、他のパーツの脱毛も絶対に必要ですが、
それ以上にⅤラインの脱毛も意識して下さい。

次にどのように脱毛するかですが、
出来るならクリニックで脱毛をするべきです。
費用は多少高くなりますが、確実に脱毛できますし、
最も綺麗になります。

一番だめなのがエステです。

エステの脱毛器はクリニック比べ、
脱毛力が全然なく、2、3ヶ月に一度くらいの脱毛ですから、
とてもじゃありませんが、1年や2年で脱毛は終わりません。

多くのサイトは、高い広告料目的で、
あたかも脱毛エステが良いと言っていますが、
はっきりいってヤラセと同じ。
脱毛エステが良いといっているサイトを信用しないで下さい。

じゃあ、クリニックになければどうするのかということですが、
脱毛器を購入して、自分で脱毛するのです。

自分で脱毛すれば恥ずかしさもありませんし、
自分のペースで脱毛できますので、半年くらい頑張れば
そこそこ綺麗になります。

但し、しっかりと脱毛できる脱毛器を高いので、
初期投資が必要になります。

一番有名な脱毛器のケノンは7万円くらいします。

しかし、一台購入すれば何度でも脱毛できますし、
明らかにエステより安く綺麗に脱毛出来ます。

ですから、クリニックが近くになくて行けなかったり、
価格的に厳しかったりすれば、
脱毛器を購入してⅤラインはもちろん、全身脱毛して下さい。

家庭用脱毛器の選び方

先ほどお話したように家庭用脱毛器を選ぶなら
今はケノンが最もベストな選択でしょう。

もちろん他にも家庭用脱毛器は沢山ありますが、
性能は現状ではケノンでしょう。

それではケノン以外を選ぶに当たり、
どのような点に気を付けて選ぶのか紹介します。

■1ショットコストが安い
■本体価格が高い(本体価格が安いのはランニングコストが高く結果的に高くなり、
性能も悪いので脱毛効果が弱い)
■全身に使える
などです。
<出典>家庭用脱毛器の人気ランキング!どの脱毛器の効果が高いの

ポイントは家庭用脱毛器は長く使うものですから、
ランニングコストが安く、性能が良い脱毛器が必要ですので、
ある程度本体価格も高くなければいけません。

逆に本体価格が安く、1ショットコストが高い脱毛器は、
ランニングコストが高くなり、性能も悪いので全然綺麗に脱毛出来なく
カートリッジ代ばかりかかってしまいます。

家庭用脱毛器は1ショットコストが安い事です。
つまり、1つのカートリッジで沢山照射できる脱毛器という事です。

コメントを残す